院長 岡部 慎一

脳疾患専門医療を提供するとともに皆さまのかかりつけ医を目指します。

この度、ひたちなか市馬渡に聖麗メモリアルひたちなかを開院いたしました。
私は聖麗メモリアル病院で25年間、脳神経外科医として急性期医療に携わってまいりました。今後はその経験を活かして、この地域の皆様の健康維持・増進に貢献したいと考えております。
当クリニックは、脳疾患専門領域の診療を中心に据え、脳卒中発症を未然に防ぐ予防医療にも力を注ぐとともに、広くかかりつけ医としての役割も担ってまいります。
ひたちなか市はもともと私の生まれた地でもあります。ここを離れてから42年、この地に再び戻り、皆様のために医療を提供できることをうれしく思っております。
どうぞよろしくお願い申しあげます。

院長 岡部 慎一

脳神経外科
聖麗メモリアルひたちなか

院長 岡部 慎一

1958年(昭和33年)
茨城県ひたちなか市生まれ
1984年(昭和59年)
弘前大学医学部卒業

弘前大学脳神経外科、青森労災病院、公立野辺地病院、むつ総合病院、石井脳神経外科・眼科病院を経て

1993年(平成5年)
聖麗メモリアル病院医局長
1995年(平成7年)
同副院長
2003年(平成15年)
同院長
2018年(平成30年)
聖麗メモリアルひたちなか 院長
  • 医学博士
  • 日本脳神経外科学会専門医・指導医
  • 脳卒中の外科学会技術指導医
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 日本頭痛学会認定専門医

理念

聖麗メモリアルひたちなかは脳疾患専門領域の診療を中心に据え、脳卒中発症を未然に防ぐかかりつけ医としての役割も担います。

基本方針

  1. 当クリニックは、聖麗メモリアル病院と連携を取りながら、脳脊髄疾患の予防、早期発見、治療において、最新かつ最良の外来サービスを可能な限り多くの地域住民に提供することを目指します。
  2. 当クリニックは、地域医療の一端を担うクリニックとして、他の医療機関、行政、福祉と良好な関係を保ち、協力しながら専門医療を行うことを目指します。
  3. 当クリニックは、良質な医療サービスを提供し続けるために、常に外の世界にも目を向け、広くその社会性を高めることを目指します。
  4. 当クリニックは、患者様の人権を尊重し、公平に医療サービスを提供します。
  5. 当クリニックの職員は、医療従事者の一人として尊重、教育され、かつチーム医療を高めるため努力する責任を担います。